目指せ年収1600万。自分の給料は自分で決める!!お金とビジネスの情報を発信していきます。

イチロク.com

スポンサーリンク

労働者と経営者

社畜続けても給料上がらない。収入が増える鍵は「4つの〇〇」

投稿日:2019年5月15日 更新日:

そこの社畜のあなた。
会社で必死で働けば、給料あがると思ってませんか。

上がりませんよ。いくら残業したって。

いえ、死ぬほど頑張れば、もしかしたら10年後には年収50万くらいは上がるかもしれません。
でも、そのままじゃ、年収1600万なんて一生いきませんよ。

どうも、年収1600万目指している、福田あき(@fukuda_aki1600)です。

どうしてあなたが必死で働いても、給料は上がらないのか。
それは、今日の記事を読めばわかります。

 

今日は「お金を稼ぐ4つのモデル」についてご紹介します。
どこよりもわかりやすく書いてあるので、一瞬で理解できます。

 

あなたは今、4つのモデルのどこにいるでしょうか。
今、理想の場所にいるならいいですが、
頑張っているのに報われないなら、違う場所を目指したほうがいいかもしれません。

 

さあ、あなたも私といっしょに年収1600万目指しませんか。

 

お金を稼ぐ4つのモデル「ESBI」とは?


有名な「パブロとブルーノ」の話がわかりやすいかと思いますが、
世の中のお金を稼ぐモデルは4つしかありません。

    • (1)Employee:労働者
    • (2)Self employee:自営業者
    • (3)Business owner:経営者
    • (4)Investor:投資家

この4つのモデルの総称を、頭文字をとって「ESBI」と言います。

詳しく見ていきましょう。

(1)Employee:労働者

業種や業態関係なく、誰かに雇われている人はみな「労働者」です。

自分の時間と労働力を対価に、収入を得ます。
給料は雇い主が決めます。

労働者の給料は、会社にとっては「コスト」ですから、
コストは下げたいわけです。

 

いくら頑張っても、給料は頭打ち。

お金もなく、時間もないのがこの「労働者」です。

貧乏暇なし。

いわゆる「社畜」ってやつです。はい。
私のことです。

あ、あなたもですか。奇遇ですね。

(2)Self employee:自営業者

労働者と同じ様に、自分の時間と労働力を対価に収入を得ます
給料は自分で決められるため、ある程度の収入は得られます。

しかし、時間はありません。

そのうえ、自分が働かないと収入が得られないため、体を壊したら終わりです。

 

(3)Business owner:経営者

経営者は、自分で働くのではなく、他人やシステムに働いてもらい、収入を得ます
そのため、お金も時間も自由です。

 

(4)Investor:投資家

投資家も、自分は働かず、お金に働いてもらいます
経営者と同じく、お金も時間も時間です。

 

 

大ショック!私は今まで「E」で頑張ってた

私は去年、人の3倍働いて、賃上げ交渉した結果、
派遣会社と揉めた挙句、
1円も給料が上がらなかったという悔しい経験をしました。

詳しくはプロフィールへ

私が給料が上がらなかったのは、それはそのはず。

Employee:労働者の位置でがむしゃらに頑張っていたからです。
給料が上がるはずがないんですよ。

私の仕事は「誰にでもできる事務」で、私の給料は会社にとっては「コスト」なんですから。

 

もう、ほんっとうに悔しい。

でもどんなに頑張ったって、所詮給料は会社が決めるんです。
どんなに会社の為に働いていても、給料なんて上がらないんです。

 

 

これからは、「BI」目指す。そのために必要だった、「E」の経験。

私は今まで、E(労働者)として必死に働いてきました。

そして「このままでは幸せになれない」と思ったので、BI(経営者・投資家)へ向かうことにしました。

BI(経営者・投資家)に向かうためには、E(労働者)として必死に働くという基盤が絶対に必要です。
それは、言葉は違えど、どの成功者も言っています。

私も、必死で労働者として働いた経験があったからこそ、
BIを目指すための基盤ができたと思っています。

  • 「絶対に労働者で人生を終わらせない」という覚悟
  • 必死で働くことにより見えてきた「マネジメントとチームワーク」の仕組み(要るかわからんが)
  • 「これだけ労働者で頑張れたんだから、BIにだってなれる」という自信

これらは、生半可に労働していたら身につかなかったものです。
スキルやノウハウよりも、精神的なもののほうが大きいですね。

特に「覚悟」と「自信」。

この2つを手に入れられたので、社畜やってて良かったなって思いました。

 

まとめ

私はこの「ESBI」のモデルを知った時、ショックとともに希望が見えました。

だから給料上がらないんだ!(ショーーーーック!!)
でも、BIになれば収入上がるんだ。(希望)

そして、それは覚悟と自信があれば、叶えられるんだ。

その覚悟と自信は、社畜であるあなただからこそ、手に入れられるものです。

さあ、今日からあなたも、私と一緒に「BI」目指しましょう。

あきでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-労働者と経営者
-, ,

Copyright© イチロク.com , 2021 All Rights Reserved.